カレンダー

指定なし  2021-10-08 (金)

CSR一言コメント(徳コメ)

 

☆社長☆

 

 早朝、近所のおばさんが、「元気?」「もう慣れた?」と声をかけてくれる。声をかけてもらうと気持ちがいい。お蔭様で、体調も良く過ごせている。やはり、京都の暮らしは自分に合っている。ただ、仕事面で「慣れ」という言葉は極力使わないようにしている。ルーティーン化すると、考える力も疑問に思う気持ちも薄れ、何より面白くない。おばさんには、こう返してる。「仕事は、いつまで経っても慣れません。」、「やることは無限にあります。」と。

 

 

☆参与☆

 

 福井県内の取引先への訪問に合わせて、出来上がった手桶を越前市のお寺に納めました。越前蟹の解禁は116日だそうです。今度は雪の中、ゆっくりとおいしいカニを頂きに行きたいです。

 

☆美也子☆

 

 お彼岸も過ぎたのに、まだまだ暑い。おまけに蒸し暑く、望みの爽やかな秋は感じられない。日々エアコンのスイッチON.OFを繰り返している。先日2021年ノーベル物理学賞受賞の真鍋淑郎氏が新聞に大きく出ていた。年齢は90歳。ご立派。長年研究に携わり地球温暖化の危機を訴え続けた方だそうだ。私が生まれてからでも60数年になるが、まださほど注目されない頃から研究を極め続けてこられたことは素晴らしい。当たり前に日本には四季があり、折々の草花が咲くのだと思っていた頃からすでにこつこつと先々の地球環境につながる研究をされていたのだ。面白かったからだと。真鍋氏によると多雨の地域はさらに多雨になり、乾燥地帯はさらに干ばつが多発するそうだ。食糧問題は深刻になるとのこと。資本の理論がさらに優先されて金持ちは金持ちに。貧乏人はさらに貧乏人になるそうだ。恐ろしいことだ。誰しも希望があるから生きていけるが、さらに貧乏になったら気力も無くなる。日本では豪雨と洪水のリスク増加が指摘されている。信じたくないが最近の日本に当てはまってきたようだ。しかし、金持ち金持ちというけれど気が付いたときお金はあっても周囲に人も食料も無いことこそ恐ろしい。幸せとは言えない。何でもバランスが大事だ。なのにいろんな空想をしながらエアコンのスイッチに惑わされている私もいる。困ったものだ。

 

☆人見☆

 

 昨日22:41分に関東で震度5強の地震が発生した。ちょうどTVでニャース番組を見ていたのでリアルタイムで揺れの大きさが伝わった。また昨日の夕食時には家族で「何で大きな地震って夜に多いんやろ」とか「何してるときに地震きたら嫌」とかの話題が出ていたので尚更今回の地震には驚きました。

 

☆中河☆

 

近所の小学校から運動会の練習と思われる掛け声や音楽が聞こえてきます。緊急事態宣言が解除されたので、開催できるのでしょう。コロナ禍で子どもたちもたくさん我慢を強いられたと思います。感染対策を取りながらも楽しい運動会になればいいなと思います。

 

☆大崎☆

 

 例年このくらいの時期になると年末が意識されてきます。今年を良い形で締め括れるよう、残り3か月の過ごし方を考えようと思います。